ONEPOINT ADVICE 1

道具選びについて

サーフボード選び方について

1本目のサーフボード選びは、とても重要です。上達のスピードを左右するだけでなく、サーフィンを楽しくするか、つまらなくしてしまうかを決める重要なポイントです。

POINT 1. 長めのボードを選ぼう!

始めのうちは、早いテイクオフが可能な長めのボードがお勧めです。長いボードは波のうねりから早くキャッチすることが出来ますし、パドリングも早くなります。

POINT 2. 幅広のボードを選ぼう!

サーフボードの幅は安定性に大きく影響します。幅広のボードは節水面も広いので安定性も抜群です。そのためテイクオフ時や立った後のグラグラ感が減少し、ライディングに集中することができます。これはかなり重要な事で、自分のレベルと身長・体重に大きく関係しますので、必ず知識のあるプロショップのスタッフに聞いてみましょう。

POINT 3. 厚めのボードを選ぼう!

サーフボードは厚みがあるほど浮力が増し、水に浮かびやすくなります。これはかなり重要な事で、自分のレベルと身長・体重に大きく関係しますので、必ず知識のあるプロショップのスタッフに聞いてみましょう。

POINT 4. 弱ロッカーのボードを選ぼう!

ロッカーとは、ノーズとテールの反りのことで、反りの角度が強いほど回転性が高くなります。シャープなターンをしたい中上級者にはお勧めですが、初心者にはかえって難しいボードとなってしまいます。反りが弱いボードは接水面が広いので、直進性・安定性・加速性に優れ、テイクオフの練習にも最適です。

POINT 5. 手軽なファンボードがお勧め!

サーフィンが楽しい!とすぐに実感でき、基本を学ぶことができるボードです。ファンボードは安定感があり、テイクオフがイージーで波に長く乗っていることができます。ビギナーや女性には特にお勧めです。また段階を見て最終的にショートボードorロングボードを選ぶのはあなた次第です!!

ボード以外に必要なもの

ボード以外にも必要なものが何点かあります。ボードと一緒に用意しましょう。

●ワックス
サーフィン用のワックスは、デッキ側に塗って足の滑りを防ぐためのものです。凹凸をつけて広めに塗っていくことがポイントになります。水温に応じて使うワックスの固さが違うのでシーズンに合わせて種類を使い分けて下さい。

●デッキパット
ワックス以外にも、ライディング時に特に力のかかる後ろ足部分にはデッキパットを貼りましょう。デッキパットの下部分がリーシュカップの上に来るくらいの場所に貼ります。後足の位置を決める役目にもなります。

●リーシュコード
リーシュコードは足首とサーフボードを繋ぐために使用します。自分と周囲の安全のためにも必ずつけましょう。リーシュコードの種類には、細く短めのコンぺ用、太く長めの大波用などありますが、通常は2m程度のレギュラータイプがお勧めです。

スペシャルプライス!初心者のおすすめセット

これからサーフィンを始める初心者の方に、サーフィンスクール3回券付き!DEVICEがセレクトしたお勧めサーフボードセットをスペシャルプライスでご提供しています。ウェットスーツもセットにすると初心者サーフィンスクールが何度でも無料になります!

ウェットスーツの選び方

店置きとオーダーの違い

店置き(既製サイズ)を試着して、サイズが合えば店置きを購入するのもいいですが、違和感を感じた場合はオーダーすることをお勧めします。オーダーには、既製のものと明らかに違うサイズ部分を3~5ヶ所だけ直すセミオーダーと、全身を細かくメジャーで測ってジャストフィットのものを作るフルオーダーとがあります。少しでも水の浸入を防ぎたい真冬用フルスーツは、フルオーダーでの購入をお勧めします。オーダーの良いところはサイズがピッタリなだけでなく、表地の素材や各部のカラー、ロゴマークの位置まで選べるので、自分好みにカスタマイズできるところです。

POINT ! ウェットスーツ寿命は2~3年

ウェットスーツの素材であるラバー(ゴム)やジャージは時間が経てば老化して柔軟性がなくなってしまいます。使用頻度にもよりますが、週に1~2回使用する人でも2~3年が限度です。硬くなったと感じたら買い換えましょう。

POINT ! ウェットスーツを長持ちさせるコツ

海から帰ったら塩や砂などをすぐに洗い落としましょう。時々は専用シャンプーで念入りに洗いましょう。洗うときは、ぬるま湯を使うのがポイントです。熱湯はウェットスーツの素材を傷めたり接着剤の剥がれを早めるので×、冷水もゴムの硬化を促すので×。

あると便利なもの

ウェットスーツ以外に持っていると便利なものです。

●ポリタンク
ポリタンクの中に水を入れておけば、冬は保温、夏は保冷と大活躍!サーファーならほぼ持っている必需品です。蛇口付きならなお便利です。

●サーフィンバケツ
軽くて丈夫なプラスチック製バケツは濡れたウェットスーツを入れるのに最適!海に行く際はここにウェット、リーシュを入れて、海上がりはこのバケツの中で着替え、帰ったらバケツに水をためてウェットが洗える万能なやつです!

●ポンチョ
タオル地を使用した大きさたっぷりのポンチョがあれば、混雑した海でも周囲を気にせず着替えられます。海上がりの休憩には、ポンチョをはおって寒さしのぎに!

その他、お悩みの箇所、ご質問等ございましたら、お問い合わせフォームにて、 お気軽にお問い合わせください!

BACK TO TOP