ONEPOINT ADVICE 3

ルールとマナー

サーフィンの基本的なルールとマナー

サーフィンは最高に楽しいけど、自然相手なので時には危険もいっぱい!サーフィンをやるために、最低限のルールとマナーを覚え楽しいサーフィンに!

POINT 1. 優先権を確認しよう

波のピークに一番近く、かつ一番先に立った人(テイクオフ)が優先です。一本の波に乗ることができるのは一人だけです。特に波がきれいにブレイクする、ポイントブレイクやGood Wave になればなる程、このルールの重要性が高くなってきますので、波乗りを楽しむ為の基本ルールと認識し、ちゃんと守るようにしてください。もしもドロップイン(優先権を無視して、他の人の前で乗ること)してしまったら、すぐにライディングをやめ静かにプルアウトすること。そして、"ごめんなさい!"も忘れずに。

POINT 2. 安全のためボードは離さない

パワーコード(ボードの流れ止め)を付けるのは当たり前の事だけど、サーフボードを離さないように気をつけましょう。ゲッティングアウトする時に自分の前の人がボードを手離したらゾッとするはずだ。そして常に自分の周囲に気を配る事が必要です。ドルフィンスルーができず、波が来るたび岸に戻されてしまう初心者は、人の少ない所に入るか、波のコンディションを考えてから海に入るようにしましょう。また、ワイプアウト(転んでしまった時)やライディングを止める時はボードを流さないように注意してください。人がいるのにボードを流してしまうのは大変危険です。

POINT 3. 波を待つポジションを考えよう

ライディングしてくる人の邪魔にならないように十分配慮してください。初心者が一般サーファーの岸川(インサイド)で波を待っていることがありますが、波のコンディションによっては大変危険です。基本的には初めに波がブレイクする場所(ファーストブレイクのピーク)で待つものです。

POINT 4. ビーチでのマナーに気をつけよう

海を利用させて頂くという気持ちを忘れないで欲しい。地域住民に迷惑を掛けぬよう、駐車場や騒音問題、ごみ問題など特に注意してください。自然があってのサーフィンです。感謝の気持ちを忘れずに。

ルール&マナーについて詳しくは下記をご覧ください。
NSAルール&マナー
NSAルール&マナーブック(PDF)

その他、お悩みの箇所、ご質問等ございましたら、お問い合わせフォームにて、お気軽にお問い合わせください!

BACK TO TOP